0
Loading...

brown-ink

brown-ink

CONCEPT

“一台の屋台のような、お店作り”

帰り道の途中に、一見どこにでもありそうな、昔ながらの屋台がある。
入ってみると、実はメニューがイタリアン。
しかも、コスパの高いワインがたくさん置いてあって、
食器やグラスに関しては、普段屋台では使わないような素敵な器を使ってる。

そんなお店のデザインは、地面にチョークか何かで、四角く白線を引くだけ。
軽くてスタッキング出来るスツールと、
安価なベニアで作ったテーブルを配置すれば、それだけで十分。
極端かもしれませんが、作りたい理想の空間は、きっとそんな場所です。

“空間の流行や斬新さ”より、“美味しそうかどうか”を大切に

少し汚いけど、安くて美味しいラーメン屋さんがあったのに、
ある日突然、綺麗ですごくお洒落な空間に改装していたら。。。

むしろ、お客さんは違和感を感じて来なくなるかもしれない。
飲食店のデザインの最大の目的は「人で賑わってもらう事」です。
その為には、メニューやサービスや空間etc…
全体のバランスが、居心地の良さを生む為にとても重要です。

「とにかくおしゃれなお店にして欲しい。」という意見を、意外と多く頂きます。
でも、メニュー/単価/立地/客層etc… 空間以外の要素までしっかり話し合っていくと、
“お客さんに「お洒落だな」と感じさせない空間づくり”の方が、正解の場合もあります。
あくまでメニューや人、お店のコンセプトを引立てる背景として、
丁度いいバランスをとっている空間かどうか?

“空間が勝ちすぎていない”という事が、飲食店ではとても大切だと思います。 そういう所までしっかり議論した上で作ったお店は、 自然と良いお店になるのだと思います。

理想は“流行を超えて愛されるお店“

多くの飲食店を作らせて頂いた経験の中で、改めて思う事は…
違和感につながるような“空間的なトンガリ”なら、むしろ無い方が良いという事。
コンセプトでガチガチに固めすぎた空間も、
食べるのを楽しみたい人にとっては、少し押し付けがましくて息苦しく感じる。。。

そこでの作られる料理への演出がしっかりあって、
メニューやサービススタイルに対して、ギャップを含めてとことんバランスをとる事が大事。
そういう小さな積み重ねが、「なんかいいよね?この店。」
という雰囲気を作り出すのだと最近つくづく思います。

“まるで昔からあるような、、、しっくりとその場に馴染んだ空気感を持っているお店”
そんな場所を一緒に作る事ができれば、嬉しいです。

profile

近藤 和隆

代表/インテリアデザイナー

brown-ink

〒150-0011
東京都渋谷区東2-20-2 三和ビル1F

1F Sanwa Building,
2-20-2 Higashi, Shibuya-ku,
Tokyo 150-0011 Japan

Tel: +81(0)90-6195-0548
www.brown-ink.jp

▶▶▶contact

news

天婦羅 あら井

Table O Trois

天婦羅 あら井

contact

項目を入力し [ 送信 ] ボタンを押してください。
内容により、回答に多少お時間をいただく場合があります。

※は必須項目です

お名前 ※

性別

年齢

 歳
メールアドレス ※

自動返信メールが数分内に届かない場合は、お手数ですが再度送信をお願いいたします
メールアドレスに誤りがあると返信できませんのでもう一度ご確認の上、入力して下さい

電話番号
郵便番号
ご住所
  1. 都道府県
  1. 市区町村
  1. 丁目番地
件名など ※
お問い合せ内容 ※

プライバシーポリシー

弊社は、個人情報(個人を識別・特定できる情報)に対する取り組み方針として、「個人情報の保護に関する法律」をはじめ関係諸法令を遵守し、以下のような基本方針に基づき、個人情報の保護に努めてまいります。

  • 【個人情報の収集】
    弊社は、個人情報の収集、提供にあたっては、その目的と、使用する情報の範囲をあらかじめ通知した上で収集させていただきます。
  • 【使用について】
    弊社は、収集した個人情報を、あらかじめ通知した目的の必要な限度においてのみ使用します。
  • 【第三者への開示について】
    弊社は、正当な理由がない限り、収集した個人情報を第三者に開示・提供することはありません。
  • 【管理について】
    弊社は、個人情報を適切に管理し、紛失・破壊・誤用・改変、および第三者への不正な流出、第三者からの不正なアクセスから保護するために、合理的な手段により安全対策を講じます。